2011/03/11

ベビ誕生☆

大家さんの猫がベビちゃん出産!

Nyannyan

4ひきのかわいいベビちゃんたち(生後2週間)heart04

尻尾がピンっとしててまたかわいいlovely

まだヨチヨチしてたheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/27

夜の屋台DEバトミントン

新隊員Sayaとバトミントン後、屋台に飲みに

すると、ファンキーなBoysが出現

Domodomo

Gue

ラケットを与えると・・・

Sarigeni_kougeki

国は違えど、やっぱりギターに…

だんだんカメラ慣れしてきました

Camera_mesen

とうとう、黄色Boyはキメポーズ取得!!

Hei

Misyori 

けっど、こっちは、最後まで変顔なのでした(笑)

Ahe

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/07/16

新しい仲間♪

今日、バッタンバンに新隊員さんがやってきます!!

彼女の配属先は、なんと、私と同じバッタンバン州小学校教員養成校pencil

情操教育を担当するそうです。

同じ場所に日本人二人が配属されるんなんて、珍しいこと。

それだけ、教育分野を改善したい気持ちが大きいってことですねflair

今夜は歓迎会ですbeer

赴任は明日。

またさらに、毎日が楽しくなりそうですclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/04

はじめましてにゃ~

最近、ポラー(my猫)の弟妹が生まれたことが発覚!!

Nice_to_meet_you

ママさん頑張ってますね☆

4匹生まれたらしいのですが、もう一匹はいずこ・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/01

ふしぎな花

朝9時clock

Siro

夕方4時sun

(画像は、同一人物ならぬ、同一花です)

Aka

花びらの色が変わる、ふしぎな花。

カンボジアで初めて見ました。

なんて言うんだろ?

求む情報mailto(ググれって???)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/03/20

ウルトラの☆

これは”トゥーリー”と呼ばれる乗り合いバス。

Normal

トヨタのハイエースのようなワゴン車もあれば、エアコンなしのANGKORマークのローカルなものもあります。

実は、ちょっとお気に入りheart04(乗るんじゃなくて見るのが・・・)

最近、こんなカラーが出現eye

Urutramancoler

目撃3回目。ちょいレアです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/15

サクラ!?

学校への通学路。

ん!?サクラ!?

薄ピンクの花の、この集合っぷりcherryblossom

サクラそっくり~eye

Sakuramoboki

でも、散り様で発覚!

Wakarukana

アナタ、サクラ チガウネ…。

Sakuramodoki

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/08

Alex

Alexとラボを紹介します。

Alexは、ドイツの環境について学ぶ大学生。いい男です 笑

Alex

教授の研究の助手として、はるか遠くのカンボジアにやってきました。

汚水の浄水装置を管理しています。

この青い筒の中には、バクテリアを含んだ海綿体構造の白い粒がいっぱい入っていて、汚水をバクテリア分解と濾過によって浄水するっていうようなことを言ってました。(多分…)

Tutu_2 Tubu 

この小さなラボから、検査データをドイツに送っているんですね~。

汚水やゴミの問題は、まだまだこれから。もしかしたら、まだ、国としては課題にも上っていないのかもしれないくらい、遅れている分野のひとつ。こういう小さな研究の積み重ねがが未来につながるのかもしれない。

がんばれAlex!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/31

グローバル!!

このところ、人の付き合いがグローバルなものになってきてます。

(って、自分だって”日本人”で完全なるforighnerなんですが・・・)

やっぱり、人が人として付き合うのに人種や国は関係ないなぁって実感してます。

身をもって。

例えば、今いるホテルのスタッフ。話しかけると、下手なクメール語でも聞いてくれて、冗談を言ったり、からかったり。掃除のお姉さんは、にこっとあいさつするだけで、「元気?」「ご飯食べた?」って聞いてくれる。そうやって仲良くなったみんなにまみれて、今、あたしは、毎日の昼食と時々夕食を、ホテル裏の従業員スペースで食べさせてもらってます 笑

Dyっていう配車係のおじさんが、あたしのためにプサーに行って、クメール料理のテイクアウトを買ってきてくれる。

一食2000リエル(0.5ドル。破格!!)。なのにおいしくて、おなかいっぱい。緑も入ってて栄養バランスも良さげな感じ。現地人じゃなきゃわかんないこの買い物のうまさ!!ほんとに感謝です。

っというのも、住む家が見つからなくて、ホテル暮らしをしてるんだけど、自炊ができないだけに、食費がばかにならない。(この国の教師の平均収入は約40USD。外食なら、1食あたり1ドル~。これじゃあ生きていけないですよね。)

そんな話を軽くしてたら、Dyが「俺がプサーで買ってきてやるよ!米は、ホテルの従業員用だから、好きなだけ食べていいし!」って・・・。

サービスとかじゃなくて、人がいい(よすぎ!?)。そんなDyおじさん、大好きcat

例えば、(あっ、またシリーズ!?)

土曜日は半日なのに、知らずに午後も学校へ行ってしまったとき、VVOBっていう、ベルギーのNGOのスタッフ、ビゼーとたまたま出会いました。

最近帰国するまで、PTTCでも活動してて、学習支援とか、校内の環境美化に取り組んでいたそう。今回は、去年建てた焼却炉が有効利用されているか視察に訪れたらしい。

副校長に紹介してもらい、一緒に焼却炉を見て、その利用状況に、一緒になって唖然とした間柄・・・。

なんとかしなくちゃ・・・。

もしそう思わなければ、今日に続く付き合いはなかったと思います。

今日は学校の校内美化の今後について校長、副校長と一緒に話し合い、夜は、彼の元隣人の子供たちとサーカス(バッタンバン名物?)を見に行ってきました。

Sakasu

例えば(その③)

KOICAのリィ。

KOICAはJICAの韓国(KOREA)バージョン。

勤務初日のワークショップで出会った23歳の女の子。

バッタンバンの教育省から来てた彼女。話しかけなければそれまで。

もう会う機会もなかったかもしれないけど、クメール語が拙い者同士、付き合いが始まりました。

こないだは、ご飯に招待してくれて、同じKOICAで、バッタンバン大学(見学したとこ!!)で講師をしてる人も一緒に楽しい時間を過ごしました。

Korea

メニューは、リィ作プルコギとキンパプ、キムチなどなど盛り合わせ(食後はフルーツてんこ盛りnotes)おいしかったhappy02ごちそうさま

みんなの共通語がハングルでも英語でも日本語でもなく、クメール語だったのがちょっとおもしろかったcatface

いろんな国籍が入り混じってる混沌としたカンボジアらしいこの状況。

かなり刺激的。

そして、もっと英語が話せたら!!ってすごい後悔。

でも、1か月が過ぎて、7月が終わろうとしてる今、かなりクメール人化してる自分に気付きます。

heart01カンボジア

heart01チョンチアット・クマエ(カンボジア人)

まずは、国を愛すること。日本じゃなかなか感じられなかった愛国心が大きく育っていますshine

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/16

Battombong☆

7:45 ドミトリー発 ~コンポン・チュナン経由~ バッタンバンへ

JICAワゴンに引っ越し荷物を詰め込んで、いざ出発~☆

ドミからコンポン・チュナンまでは、3時間かからないくらい。

検査技師の同期隊員が、配属先の病院にあいさつするのを見届け、

昼食をとってから、再び出発☆

Car_2

昨夜は、同期隊員と「ラスト・フレンズ」見てて、

最終話を見終えたときには、a.m4:00・・・coldsweats01

出発と同時に限界sleepy

で、次に起きたのが奇跡的!?

バッタンバンの街の入り口にある『ター・ドンボン』像の手前note

Ta_2

ありがたや、ありがたやclover

15:30頃ホテル着

自分の家が見つかるまでは、ここにお世話になります。

配属先への挨拶は、明日・・・

ってわけで、荷物を運び込んだ後は、ボランティア調整員の馬田さんにくっついて、バッタンバン大学へ。調整員と大学側とのmeetingに同席させていただきました☆

バッタンバンは、カンボジア国内でも有数のコメどころ。

州では、来る世界的な食糧危機に向けて、米だけでなく、野菜づくりや灌漑整備にも力を入れていきたい様子。

そこで、大学側は、JICAに農業分野や獣医・衛生など、できれば、いろんな分野で大学講師を依頼したかったようです。

未来に向けて、自分の役割を見出し働きかける努力をしているところは、素敵だと思いました。

meetingのあとは、構内見学。

国は違っても、つくりは大体おんなじです。

農学棟では、かつて、岐阜大学教育学部生物学科で見たような器具や設備を見つけて、思わずうれしくなりましたhappy01

Ike_2 Rab

でも、いろんな支援が入っているはずの大学の農学部なのに、10年前の日本の教育学部の生物科と、まだまだ同じレベルだということかもしれませんね・・・。

色々と勉強になりました。

夜は、嬉しいことに、JICA関係者の先輩方が、歓迎会を開いてくださいましたnotes

Kangeikai

ありがとうございました。

ここでなければ出会わなかった新しい出会いに、感謝しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)