2011/01/31

コミュニティーDay

日曜にPTTCバッタンバンでコミュニティー・ディなる催しが開催されました。

地域の子どもたちやその親を対象にした、我が校初のちょっとしたイベントです。

目的は”養成校の資金集め”!!

そうです。子どもたち相手にお金を巻き上げるのです!!

…って言うと聞こえは悪いですが、教官が、「学生に教える時に使う教材や教具を買うためのお金がない」という声に対し、NGOなどのドナーにばかり頼るのではなく、自分たちでお金を集める努力をしなさい!!ということで開いたものです。

私たち2人のJOCVも、この趣旨におおいに賛同。企画当初から関わらせてもらいました。

このイベントの中心となって指揮を執ったのは、VSOという教育関連のイギリスのNGOボランティアとしてPTTCバッタンバンに配属されているレアンドラとその通訳のネル。

12月に一緒に雑談していた中で話していた構想を、養成校の管理職をはじめとする教官やほかのNGO団体や地元サーカス、そして学生を巻き込みながら、どんどん実現に向けて動かしていました。

結局ふたを開けてみると、ほとんどの教官たちは企画・運営にはノータッチ。そのかわり、学生が主になって大活躍していました。

この日のイベント内容

各種出店(8時~11時、14時~16時)

・ ぬりえ

・ メイク(べっぴんな子どもたちを多く輩出!!服が普段着だからちょっとオモシロ)

・ ミサンガ作り

・ カラオケ(多分メイクに並んで一番人気!)

・ ビンゴ

・ 映画上映

・ シャボン玉(あたしもお手伝いしました)

・ スポーツ(的当て、縄跳び、米袋レース)(JOCVのSayaがお手伝い)

・ ピアノレッスン

・ お菓子や飲み物屋さん

大人向け

・ ペタンク

・ バレー

・ ワークショップ 

パフォーマンス(16時~17時)

・ 子どもたちによる伝統舞踊(地元キリスト教団体より)

・ Hip Hopダンス

・ ブレイクダンス(地元サーカス内ダンスチーム)

・ 寸劇(学生有志)

・ カラオケ(学生有志) など

実は、はじめは見切り発車的な部分も多々あって、内心どうなる事かとひやひやしてい他のも事実。

しかし、レアンドラやネルの人脈の広さと、学生の心を動かす牽引力の高さ、そして何より予想以上の学生の働きにより、第一回としてはかなり素敵なイベントになりました。

有志を募って行ったイベントだけに、参加した学生や一部の教官の志は、私が思っていた以上に強く、大きなものでした。

また、何より火付け役となったレアンドラ。カンボジアに来て3~4か月ほどなのに、レアンドラの周りを変えていく力は、ホントにすごいと感心しました。学生とのリレーションシップも、学生以外とのリレーションシップもかなりのものです。

日本人以外の人と一緒に何かをするということは、日本人の感覚にはないことがおおいにあり、新鮮です。そしてあらためて日本人の緻密さや計画性の高さを感じます。思い切りのなさ、度胸のなさとも言えますが…。そういった意味ではものすごくいい経験になりました。

また一緒に何かできるといいな☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/11/23

水祭りの悲劇

前にも書きこみましたが、20~22日までの3日間、プノンペンで水祭りがありました。

Bort_race

Hito_hito_hito

Zattou

しかし、残念ながら、最終日の昨日、400人近い死者を出す大惨事が起きてしまいました。

フン.・セン首相曰く、「ポル・ポト政権以来の最大の悲劇」というほどの、カンボジアで近年類を見ない事件でした。

私も事件当時、現場の3Km程の場所にいましたが、事故のあった中州と市街をつなぐ橋(通称レインボーブリッジ:命名JOCV)には近づいておらず、無事ですが、事故のことは全く知りませんでした。

ただ、救急車のサイレンが休むことなく鳴り続け、行き来を繰り返していたことを良く覚えています。

私が事件について知ったのは、今朝の朝4時でした。

毎朝、ラジオでニュースを聞くのが日課の大家さんが、水祭りに行くといって出かけた私を心配して、電話をしてくれたのをきっかけに、深刻な事態を知りました。

事故は、メコン川にある小さな中州へ渡る2本の橋のうちの1つで起きました。そこでは、コンサートイベントが行われていたそうで、道を埋め尽くすほどの人だかりで、前にも後ろにも行けないようなすし詰め状態が続いた様子です。

惨劇のきっかけは、人の流れを促すために警察が放水したとか、橋の電飾による感電死が起きたとか、すし詰め状態の中で何人かが意識を失って倒れたとか、情報が交錯していますが、結局は集団パニック状態に陥り、将棋倒しが起きたようです。(ネット情報)

(いつか神戸(確か…)であった将棋倒しの事故を思い出さずにはいられない事故でした。)

夜のコンサートイベントに参加というだけあって、死傷者は若い人がとても多いようで、最近帰国したプノンペン中学校養成校配属の隊員は、学生がいなかったかをとても心配しています。

昨日プノンペンに上がってきていた隊員の中には、中州のイベントで商品の販売をしていた隊員もいました。行き来が遮断され、帰ることができず、結局ドミトリーに帰宅できたのが夜中の2時になったと話していました。

Fire_works

Boat_parade

昨夜は、30分にもわたる豪華な打ち上げ花火があったり、ディズニーパレードを思わせる、電飾のきれいな船がメコン川を流れたりと、途上国とは思えない、前進や発展を思わせるエネルギーを肌で感じた後の悲劇となりました。

平和になったこの国で、今更こんなにたくさんの人が死んでしまうのは悲しすぎます。

カンボジアを愛する一人としてもとてもショックです。

平和の中に潜む悪夢を見たような気持ちです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/11/20

ボン・オム・トゥーク

カンボジアでは、毎年11月の満月の日から、3日間プノンペンとシェムリアップの2都市でオム・トゥークと呼ばれる船のレースが行われます。

プノンペンでのレースは、各州の代表が集まった決勝戦となるそうで、バッタンバンからも10月に行われた予選の勝者がプノンペンに出かけました。

バッタンバンのオム・トゥークの様子

Race

Josi_team

Long_bort

今日がその初日。プノンペンは今頃お祭り騒ぎでしょう…。

あれっ!?

バッタンバンの片田舎でもオム・トゥークが!?

Dansi_vs_josi

しかも、女子vs男子が船を沈めあってる…(笑)

Kai_ha_kore_ja

櫂は、発泡スチロールやらビーサンやら…delicious

バッタンバンの市街地から40Kmほど離れた田園風景の広がる田舎”スロック・ムン”のお寺にて。

Inori

Wat_rusai

明日はプノンペンに行ってきます☆

Sun_set

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/16

幸せな☆Birthday!!

11月15日夕方、学校から帰ってくつろいでいたら学生が2人、モトに乗ってやってきました。

「ネアックルー、ミエン パンニャハー!!(先生、問題が起こった!!)」

はぁ!?coldsweats02

校長が呼んでるとか、なんとかで、とにかく来てくれとのこと。

ゴミ置き場のことかなんかでトラぶったのか!?と思いつつ、再び学校へ…

すると…!!

Surprise

なんと、わたしの誕生日を知っていた学生たちのサプライズbirthday

校庭で摘んだ花やケーキを準備までしてお祝いをしてくれました!!

ちょ~~~~~~~~~~~~~~~~っ、感動!!!!!!!

予想外の心遣いに、嬉しくて、嬉しくて、ありがたくて、ありがたくて、頭の中がパニックしてしまうほど…

Minna_ni_sachi_are

ケーキを顔に塗り合ったり、

Nurinuri

ロアムしたり、

ここで、こんな風に祝ってもらえたのは一生の思い出ですweepHappy

も~~~ぅ、みんなみんな、大好きheart04

とっても幸せをかみしめた31歳の始まりでしたbearing じーん…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/18

7月☆誕生会

今日は、ノリア孤児院の7月誕生日の子どもたちのBirthday Partyribbon

バッタンバン在住日本人の仲間とアメリカの大学生ドルシェとともに、寸劇&プレゼント渡しと、カレーライスランチでお祝いしましたrestaurant

寸劇の題材は「西遊記」pig

地雷原を旅する三蔵法師一行と邪魔をする山賊、ピンチになると助けてくれる天使様が登場するパロディーcoldsweats01

クメールっ子にジャパンの笑いのつぼはハマっただろうか…???

そして誕生日のみんなには、プレゼント。自分が主役の特別な日。生まれてきた幸せを、祝ってもらえる喜びの中に感じれるといいね☆

さあ、その後は、お待ちかねのカレーライスwink

長らく肉を食べてなかった子どもたち。3~4歳児も2~3杯のカレーをおかわりしていた!!オッチャ~(スゴイっ)happy02

月に一度のお楽しみclover

今月もおいしく、楽しい時間を過ごせたねshine

Nikoniko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/28

卒業式&Party‼

本日は、晴天!!

朝9時から2年生の卒業式&Partyが晴れやかに行われましたsun

Sotugyousei

Raihin 

式は、校長祝辞、来賓祝辞、学生代表の言葉と、日本と同様の内容の他に、カンボジアの祝いの場には欠かせない民族舞踊や詩吟が入り、クメールらしさをプラスgood

Apsara_dance

踊り子も詩吟の歌い手も卒業生です

Sigin

式の途中、「踊り子役と一緒に写真を撮ってあげる」と、お手伝いに来ていた1年生の学年代表からの素敵な誘いがlovely しばし式を抜け出して、写真撮影を満喫…camera

With_apsara

そうこうする間に、式は2時間弱で終了。意外に早かった!

続いてPartyがはじまりましたboutiqueshine

Party

Party_2 

生ビールで、チョ~ル・カエウ!!beer(かんぱ~いっ!!)

飲んで騒いだり、写真を撮ったり。卒業の喜びや若さが溢れていて楽しいっhappy02

そして、ロアム(ダンス)がスタート。Partyも佳境に入りますnotes

音楽好きのクメール人。卒業生、先生、来賓が入り乱れて、ぎゅうぎゅうになりながら踊る踊る…run

その距離感、たくさんの陽気な笑顔、音楽のリズム、これがまた楽しいっhappy02 happy02

(カメラの電池尽きる…)

見よう見まねで適当に踊って笑いをとってみたりして(笑)ほんと、楽しんだ者勝ちといった感じhappy02 happy02 happy02

卒業生との付き合いは、ちょうど1年。理科を教えることはほとんどできなかったし、十分な関わりを持つこともできなかったけれど、一緒に理科の授業をうけたこと、初めて教えた授業のこと、一緒に奉仕作業をしたこと、顔を合わすたびに交わした笑顔、ちょっとした会話などなど、1年間を振り返ると、心残りや寂しさが渦巻きますtyphoon

でも、今日は、それを吹き飛ばすくらい、みんなといっぱい笑えましたclover

226人の卒業生は、10月からそれぞれの職場で教員人生をスタートさせます。たくさんの現実の壁にぶつかっても、教員の道を逞しく生き抜いてほしいと願っていますgemini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/26

卒業式

我が教員養成校では、一昨日~昨日の2日間、2年生の最終試験がありました。

試験と言っても、問題はあらかじめ提示されるようで、予習が可能なのだそう。

予習どころか、試験会場は、カンニング可能な無法地帯と化すという話もよく聞く…。

う~む…think

まあ、ともあれ、その試練を経て、明日は、”卒業式”ですfuji

事務の先生たちが一部の学生と一緒に、せっせと準備をしていました。

(カメラ忘れちゃった…)

”卒業式”という名のパーティーらしいですboutique

先生も学生も、「ロアム(ダンス)があるよ」と、なぜだかそこを一番アピールしてくる…。そんなにすごいのだろうか…???

初☆Khmer卒業式。ちょっと楽しみnotes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/22

Birthday Party

「妹のBirthday Partyがあるから来て!」

と、仲良しの学生に誘われ、一般家庭でもパーティーするのか!?と、いざ実態解明に出陣してきました☆

妹の高校の友達がたくさん来ていました。

家でやるのかと思いきや、お母さんの出している小さな食堂を貸切。

ケーキもありますbirthday

Cake

「18」の素敵なろうそくも

たくさんのプレゼントもpresent

Girls

ハッピーバースデーの歌も歌いますnotes

ケーキのクリームを顔に塗り合ってふざけたり、いっぱい写真を撮ったり、じゃれあったり…。

For_mother

And_father

Cream

ご馳走に、お母さん手作りのソムロー・カリー(クメール風カレー)も登場‼

みんなの手作りBirthday Party、大切な人たちに祝ってもらって妹さんはとっても幸せそうでしたshine

Beautiful_smile

あたしもなんだかとっても心が満たされましたhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/17

謹賀新年☆

4月14日はカンボジアのお正月でしたfuji

巷はカラオケの大音量にあふれてます。

そして水爆弾の襲撃が…。

Bakudan_dukuri

Hanabira_iri_bakudan

Junbi_ok

勢いよく狙って投げるだけに、あたるとちょっと痛い・・・。

危ないから街中でやると警察沙汰になることもあるんだとかcoldsweats01

お正月、クメール人の皆さんは、実家に帰り、家族と過ごしたり、

近くの観光名所に出かけたり、

お金のある人はシェムやシアヌークやモンドルキリなど、遠出したり、

思い思いに過ごすようです。

日本は新年度の始まりですね。

みなさん、よいお年を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/21

カンボジア版☆農業祭

バッタンバンで活躍して見えるJICA専門家の方々企画の農業祭が開催されました!

いつもの公園がカラフルテントで、まるで違う場所のように…。

バッタンバンで作っている”香り米”という品種のお米のアピールを軸に、日本の文化紹介も盛り込んだイベント。

小学校教諭として配属されてるJOCV率いる地元小学生の音楽発表に、

カンボジア在住日本人による”メコン太鼓”の演奏。

太鼓の音色を聞くだけで、不思議と場が”和”になるのを感じます。

もちつきもしました。(臼&杵は特注品 in カンボジア)

あたしも剣道型で文化紹介に貢献!?

To_2

Kata

出店ブースは様々。

立ち寄った人々は、いつもやってる変わり映えのない売り物との違いに興味深々。

でも、新しいものにすぐには飛びつかないのがクメール人。

様子を見、買った人の反応を見、よ~く考えてから買ってみる。

慎重派snail

和菓子代表として販売した、つきたて餅を使った”大福もち”。

やっぱり最初はひたすら観察されてました(笑)

後半になるほど買ってくれる人が増え、餅をつくたびに完売!!すんごい人気でした。

大盛況に終わった農業祭。

プノンペンから5時間かけて来てくださった皆さん、関係者の方々、お疲れ様でした。

そして、なにより、専門家の3人の方々!!

その企画力と人脈、チームワーク、実行力に、心から尊敬を覚えます。

3月でプロジェクトの終わりを迎える皆さん。

有終の美まで、あと一息…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧