トップページ | 2009年7月 »

2009/06/27

ルックルー☆Somnang

今日は幸せです。

なぜなら尊敬するSomnang先生と一緒に時間をすごせたから。

ローククルー(先生のこと)は、派遣前訓練をした二本松訓練所(NTC)でお世話になった語学講師。

NTCに行かなければ会うことのなかったような偉人。

なのに

それをまったくひけらかすことがない。

訓練生のわたしたちだけじゃなく、誰であっても、

一人一人の”存在”を

平等に、そしてとても大切に思ってくれる。

そんな人。

遠いのにとても近い。

憧れの人の一人。

そのローククルーが奥さんを連れて会いに来てくれたhappy02

朝9時にドミで待ち合わせて

プノンペン郊外のレストランでかなりはやめのランチをしましたrestaurant

Maho 

すべてがチュガニュheart01

チュリアン バーイ(おなかいっぱい)になるまで詰め込みましたcoldsweats01

Somnang_maho

ちょうど食べ終わったころ、バサック川からやってきた2人の行商のおばちゃんfish

ルーククルーはおばちゃんの持ってきたスバーイクチャイ(若いマンゴー)とミエン(ロンガン)を大人買いdollar

やけにたくさん買うと思ったら

「全部売れたら帰って仕事ができるでしょ」

との心遣い。

帰り道、友達の車屋さんのご実家に立ち寄って

プテア クマエ(カンボジア風家屋)Chinaバージョンを満喫しました。

写真はお家にいたクメールねこ catとってもスリム。

Somnang_neko

そのあと、別れが惜しいからDeli Cafeでお茶をして帰りました。

ローククルー、あなたのニョニャム(微笑み)とニゲイ レイン(冗談)にかなり癒されました。

本当に本当にありがとうございましたshine

今度会う日には、もっと自由にクメール語を使いこなして

また素敵な時間をすごしたいです☆

Somnang_blanco  Somnang_wkawabe_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/26

蕁麻疹

ここプノンペンには、到着から7月16日の任地派遣までの1ヶ月弱滞在します

隊員連絡所(通称ドミトリー)に同期のJOCVと一緒に寝泊りして

その間に、各省庁や大使館への表敬訪問や、活動をしていく上でのいろんなオリエンテーション、今行われている教育省のプログラムについてのブリーフィング、現地語学訓練etcが組まれています

今日までは、表敬やらオリやらで忙しく連れまわされてへとへと…

気候の違い(あたしが住んでた下呂とは違って朝から晩まで暑ーいっsun

衛生状態の違い(食べ物や飲み物には気を遣ってはみるけれど、仲間の何人かおなかを壊してました)

一日の生活リズムへの不慣れ

この3つが思った以上に体を疲れさせていたように思います

出てきたのが…

ジンマシンdowndowndown

久々に出ました

寝たら治ったけど、今日に限ってジンマシンが出た理由は間違いなく

aries「昼寝をしなかったこと」 aries

日本じゃ、なんて幸せなんだって思われるけど、

ここじゃ、なくてはならないものだと、来て5日で気づかされました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/22

This is Cambodia

22日19時頃だったかな?

バンコク経由で無事プノンペン入りしましたhappy02

迎えに来てくださったJICAスタッフの方の第一声は

「外に出たらいろんな人が寄ってくるから、とにかく離れずにすぐに車に乗り込んで!!」

到着の余韻に浸る暇はなしsweat02

緊張した気持ちで空港の外に出ましたが

ありがたいことに、特に混乱もなく車に乗り込むことができ、

いざ、ドミトリーへsign03

自分の目ではじめて見るカンボジア(プノンペン)は

雑多な広告、モト(オートバイ)、レクサスとトヨタ車だらけの道路となりましたsweat01

Phnom_penh

思っていた以上に”都会”で、

「なんでも手に入るよ」と言っていたOV(JOCVの帰国隊員)の言葉を思い出しました

これがカンボジアか…

ここから、はじまります

| | コメント (7) | トラックバック (0)

出国~~っ!!

2009年6月22日10:50

カンボジアに向けて日本を発ちます♪

今日という日は

たくさんの人に出会い

苦しみつつも

感謝し続け

辿り着いた☆

今は、玉手箱を開ける瞬間のような

「何が待っているんだろう」感を胸いっぱいに感じながら

搭乗を待っています。

それでは、これまでに出会ったすべての人に感謝しつつ・・・

いってきます!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年7月 »